お金がないときの対処法

借金の返済が大変。毎月のキツイ返済を乗り切るコツ

投稿日:

借金の額が大きいと、それだけ返済も大変になります。「毎月の返すお金がメッチャ大きい・・」ということもあると思います。

ただ、ポイントを押さえて返済すれば、何とか完済することはできます。

ここでは大きな借金を返済するためのコツを解説します。

返済が大変なときは、まずカードローン会社に相談

返済が大変な場合、まずやるべきこととしては「カードローン会社への相談」です。

銀行や大手のカードローン会社は鬼ではなく、返済が厳しくなりそうなときは相談に乗ってくれます。

カードローン会社にとってイチバン困るのは、「連絡が取れなくなること」。まずは相談して、今の状況を乗り切る返済プランを立ててもらいましょう。

もちろん目の前の返済額を少なくすることで、返済し終わるまでの期間は長くなります。

ただ、それでも今がラクになるのは、とても助かるはず。お金に余裕が出てきたところで、挽回して多めに返しましょう。

複数の会社から借りている場合、1社にまとめると金利を下げられる場合がある!

複数の会社からお金を借りている場合、1社にまとめると返しやすくなることが多いです。

これはいわゆる「おまとめローン」というものです。

たとえば、A社から20万、B社から25万、C社から30万円を借りているとします。

この場合、合計75万円の借金をどこかの会社にまとめるほうが良いです。

カードローン会社は大きなお金を借りる人には金利を下げてくれるため、利息が小さくなります。

まずはそれぞれのカードローン会社に相談して、他社の借金をまとめられないか相談してみましょう。断られる会社もあるかもしれませんが、まとめさせてくれる会社が見つかることも多いです。

どうしてもお金がキツイなら、債務整理を考えるべき

借金が大きすぎて返済できないと感じる場合、債務整理(さいむせいり)を考えるのもひとつの方法です。

債務整理をすると、借金をなくすことができますが、「クレジットカードが作れない」「ローンが組めない」など、生活に不便なことも出てきます。

債務整理の仕方は1つではなく、それぞれの人に合うパターンを選べます。まずは相談することで、解決につながる場合があります。

お金が戻ってくるかもしれない過払い金請求や債務整理。「杉山事務所」でまずは無料診断


良心的な司法書士などは無料で相談に乗ってくれるので、まずは相談してみるのがおすすめ。

借金で生活が立ち行かなくなりそうなときは、ひとまず話を聞いて考えると良いです。誰かに悩みを打ち明けるだけでも、気持ち的にぐっとラクになるはずです。

-お金がないときの対処法

Copyright© さるマネ! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.