お金がないときの対処法

ニート・引きこもりでお金がない!今すぐお金が必要なときの対処法・稼ぐ方法

投稿日:

ニートや引きこもりをしていると、お金がなくなることはあるはず。お金を借りたいときには消費者金融や銀行などのカードローンが便利ですが、働いていないと利用できません。

こんなときどうするべきか?を解説します。

無職のニートだと、銀行や消費者金融からはお金を借りれない

まず、無職の場合、消費者金融や銀行などからお金を借りることはできません

お金を手軽に借りれる「カードローン」は、申し込むと審査があります。審査で必ずチェックされるのが、「働いているか?」「正社員やアルバイトで、どれくらいの収入があるのか?」ということ。

借りたお金は必ず返済する必要があるため、カードローンは「仕事をしていること」が申込みの条件となっています。ニートで仕事をしていない場合、利用はあきらめましょう。

国の融資制度が利用できる可能性はアリ。ただし条件があり、時間もかかる

カードローンが使えなくてお金に困った場合、国の制度を利用できる可能性があります。

国には「総合支援資金」や「生活資金融資」など、生活のために使うお金を融資してもらえる制度があります。

こうした制度は、利用できるかどうかが人によって違います。気になったらまずは市役所や区役所へ行き、「お金がないので融資の制度を紹介してほしい」と相談してみてください。すると職員の方が自分に合う制度を紹介してくれるはずです。

街金・ヤミ金・個人間融資は、お金がない状況でもやめておくべき!

街中には街金やヤミ金など、法律を守らずに運営されている業者があります。また、ネット上で知らない人からお金を借りる「個人間融資」の掲示板もありますが、これもトラブルが多いです。

テレビでCMが流れている会社はきちんと法律を守って運営されている、良い業者。街金・ヤミ金・個人間融資からお金を借りると、ドンドン借金が膨らんでしまうことにもなりかねません。そのため、お金がない状況でも利用するのはやめましょう。

今すぐお金を手にする方法3つ

銀行や消費者金融が利用できず、国の制度も何だかメンドウ・・。そんなときどうするか?

この場合の解決策としては、主に3つの方法があります。

1. メルカリでとにかく物を売る

まずは「メルカリで物を売る」という方法。

部屋を見渡すと、いろんな使っていない物があるはず。最近は遊ばなくなったゲーム機やパソコン、趣味のカードやフィギュアなどなど。こうしたものは意外と高値で売れるため、メルカリで売ってみてください。

きれいに写真を撮影して出品すれば、思ったよりも大きなお金になることもありますよ。ゲームのような感じでできるので、ニート・引きこもりでもカンタンでオススメです。メルカリは売れた金額から手数料が差し引かれるものの、利用料は無料です。

2. 両親や祖父母に相談して、お金をもらう

両親や祖父母に相談して助けてもらうのも、ひとつの方法。

ニートやひきこもりをしていても、困ったときに頼れるのはやはり身内の人です。「どうしてもお金がないから、何とか助けてもらえないか」と真剣に話せば、できる限りの手助けをしてくれることは多いはず。ちょっと気まずいかもしれませんが、頑張って相談してみてください。

3. ニートをあきらめて、バイトを始める

お金がない今の状況をきっかけに、バイトを始めるのも良い方法。バイトができるようになれば、お金に困ることは少なくなるはずです。

また、バイトをすれば気持ちにも余裕が出てきて、今後のことも考えやすくなります。人と話さなくていい工場のバイトなら、コミュニケーションが苦手でも何とかやっていけます。

お金がないととにかく焦りやすい!落ち着いて対処しよう

ニートや引きこもりでお金がなくなると、とにかく精神的にキツイです。追い込まれると街金やヤミ金で借りるなど良くない行動をしてしまう人もいるため、早めに対処することをおすすめします。落ち着いて対処すれば、きっと今の状況は変わるはずですよ。

-お金がないときの対処法

Copyright© さるマネ! , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.